任意整理のメリットとデメリット

自己破産を申立したいのだけれども保証人に多大な迷惑をかけてしまう、これが原因で債務整理できない人が多くいるのですが、こんな時に利用される債務整理方法が任意整理です。この債務整理方法は、整理する債務を任意で選択できるので、保証人のついている債務については、整理せずにそのまま残すことができるわけです。非常に都合のよい任意整理ですが、メリットと同様にいくつかのデメリットもあります。
任意整理のメリットとしては、整理する債務を任意で選べる以外に、原則として、手続き完了後の将来利息が免除されますので、完済までの期間が早まることになります。また、利息制限法による計算で債務の総額が減少します。取引が長く、グレーゾーン金利を支払っている場合には、過払い金が発生している可能性もあります。
次に、任意整理のデメリットとしては、まず、自己破産や個人再生などと比べた場合には、債務の減額率がそれほど高くはありません。あくまで、裁判所を通さずに直接金融業者と交渉を行いますので、金融業者によりけりですが、最近では減額に応じない業者も出てきています。また、裁判所を通しませんので自己破産や個人再生のように官報には掲載されませんが、個人信用情報には任意整理に事実が記録として残りますので、以降5年間はクレジットカードやカードローンの審査に通りづらくなります。ただし、過払い金返還請求の場合には、完済済み、もしくは、返還金で債務が完済される場合には、個人信用情報に記録されることはありません。